サイトへ戻る

【募集】

カタルバ・オンライン〜子どもを取り巻くこれからのコミュニケーション

 

子どもの教育に携わる者同士が、多様な視点から「これからのこども達のコミュニケーション」についてフレキシブルに語り合うオンライン座談会参加者募集!

子ども達のコミュニケーションの手段が変化しています。
コロナ禍でのオンライン学習への移行、人との距離をとるなどの新しい学校ルールには、とまどいも生まれているのではないでしょうか?

初回は、ゲストに宮城県大崎市でオンラインを積極的に取り入れている学習塾「カラフル学舎」を運営する加藤みつるさんをお招きし、オンラインコミュニケーションについてもコメントを頂きます。
またファシリテーターには演劇の分野から俳優の菊池佳南さん、演出家の大河原準介さんを迎えます。昨今、子どものコミュニケーション教育に演劇の手法を取り入れる事例も多く、実は演劇とコミュニケーションは密接に関わり合っています。

オンラインもオフラインも、人と関わり合いたいと思う最初の出発点は一緒のはず。それぞれの特性を知ることで、両方の良さを見出したいと思います。奮ってご参加ください。

テーマ「これからのコミュニケーション」全4回 各90分
【日時】
第1回 7月4日(土) 16:00〜17:30
第2回 7月11日(土) 16:00〜17:30
第3回 7月19日(日) 16:00〜17:30
第4回 8月8日(土) 16:00〜17:30

【ゲスト】
加藤みつる(カラフル学舎 http://colorfulgakusha32.com)※第1回のみ

大崎市出身。カラフル学舎代表。

東北大学大学院教育学研究科修了。3.11の震災直後、ボランティア塾を設立し、その後カラフル学舎起業。長年、オンライン授業のエキスパートとして多くの塾をサポート。2020年3月、新型コロナの影響を考慮し、地域に先駆け自身の塾を完全にオンライン化。生徒の学びを止めない多種多様なイベントを実施。

【ファシリテーター】

大河原準介(演劇企画集団LondonPANDA主宰・演出家)

菊池佳南(青年団・俳優)※第1回・第2回のみ

岩沼市出身。俳優。

桜美林大学演劇専修卒業。文学座の坂口芳貞氏、高瀬久男氏らに師事。2010年より平田オリザが主宰する劇団、青年団に入団。その後、うさぎストライプに所属。

『ソウル市民1919』『銀河鉄道の夜』『アンドロイド演劇さようなら』等、平田作品をはじめ国内外での舞台に多数出演。

2016年、客演したミナモザ『彼らの敵』は第23回読売演劇大賞作品賞を受賞。震災後、東北に纏わる文学作品やみちのく怪談の朗読、学校や福祉の現場等での演劇の手法を用いたワークショップも行っている。

【対象】子どもに関わるお仕事をされている方、演劇に関わる活動をされている方

【定員】各回15人(先着順)

【参加費】無料

【使用ツール】Zoomを使用します。
パソコンやスマートフォンなどのインターネット通信環境・通話サービスのある機器でご参加ください。(パソコン推奨)

【申込方法】
下記専用フォームからお申し込みください。
https://forms.gle/boeRiDnmrkD6N1Av8

※お申し込みいただいたメールアドレス宛に、当日のZoomのURLをお送りします。

【お問合せ】
PLAY ART!せんだい (担当:及川)
Email:playartsendai@gmail.com
電話:070-1070-1191
HP:http://playartsendai.mystrikingly.com/
Facebook:https://www.facebook.com/playartsendai/
Twitter: https://twitter.com/playartsendai

「PLAY ART!せんだい」とは、演劇やダンスなどの文化資源を社会の中で生かすために、実践や検証、学び合いを通してノウハウを蓄積し発信する団体。また、分野を超えて、文化資源の活用をテーマとした緩やかなネットワークづくりを推進する。

2020年度仙台市文化プログラム「こどもおとなあそびなかまプロジェクト!のびのびーば!」
プログラム名:演劇と教育カタルバオンライン〜演劇と教育に携わる者同士が、多様な視点から「これからのこども達のコミュニケーション」についてフレキシブルに語り合うオンライン座談会〜
【主催】PLAY ART!せんだい、公益財団法人仙台市市民文化事業団、仙台市

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。