サイトへ戻る

50歳から輝くステージ

〜英国劇団と行う演劇ワークショップ【受付終了】

参加者募集!

英国・スコットランドの劇団「トリッキー・ハット」と一緒に、新しいこと・表現にチャレンジしてみませんか?

※本ワークショップは、定員に達したため申込受付を終了しました。

あなたの人生の物語を聴かせてください。

これまで、そしてこれからの日々は、どんな輝きに満ちているでしょうか。

演劇の手法を使いながら、みなさんの人生をドラマにしてみませんか?

もしかしたら、あなたの「演劇」のイメージは、台詞を覚えて、オーバーに動くことかもしれません。でもこのワークショップでは、参加者の言葉を紡いで、参加者の動きをつなげて、演劇を作っていきます。きっとだれにとっても初めての経験となるでしょう。

ちょっとだけ非日常にチャレンジしてみたい方、ご応募お待ちしています!

ワークショップ90分+ティータイム

【内容】トリッキー・ハットが50歳以上の人たちと作る舞台作品『炎:Honõ〜Flames』の紹介、演劇のエクササイズ、参加者自身の物語から紡ぐ創作を行います。

【日時】10月28日(月)10:00〜12:00

【会場】国際センター駅「青葉の風テラス」

    (青葉区青葉山2-1外/地下鉄東西線 国際センター駅2階)

【料金】500円(ティー付き)

【対象】50歳以上の方(演劇経験不問、初体験者歓迎)

【定員】30人(先着)

【申込】10月6日から受付開始、10月25日応募締切

  ※本ワークショップは、定員に達したため申込受付を終了しました。

 電話(070・1070・1191/10時〜18時)

 メール(info@londonpanda.net)下記必要事項を明記

 ・氏名(ふりがな) ・年齢 ・電話番号 ・住所

 ※参加にあたり、障がいや持病により配慮が必要な方は事前にお知らせください。

  できる限り対応します。各会場は車椅子でもお入りいただけます。

 ※お申し込み頂いた全ての方に、確認のお電話を差し上げます。

【講師】Fiona Miller フィオナ・ミラー(Tricky Hat芸術監督)※通訳付き

フリーの演出家として、スコットランドをベースに、幅広く活躍中。代表作に”Witches Blood”(ダンディー)、"City"(グラスゴー)、"99...100"(スコットランド国立劇場)。

1985年のスコットランド青少年劇場立ち上げ時には、若い世代における演劇の重要性を確立させる。現在は、国内外で年齢を重ねた人たちとの創作活動に焦点を当てている。新作の発表に加え、講師やコンサルタントとして数多くの芸術団体とのプロジェクトに携わる。フィオナの成功の鍵は、アートの形の枠内に留まらず、コラボレーションを通じて参加者全員を演出することにある。

【主催】PLAY ART!せんだい、公益財団法人仙台市市民文化事業団、仙台市

【共催】Tricky Hat

【助成】British Council Scotland and Creative Scotland

2019年度仙台市文化プログラム「こどもおとなあそびなかまプロジェクト!のびのびーば!」

来年4月に公演予定の日英共同舞台『炎:Honō:Flames』の出演者も同時募集中です。ご興味のある方はお問い合わせください。

【『炎:Honõ〜Flames』とは】

英国・スコットランドのカンパニー「トリッキー・ハット(Tricky Hat)」が、50歳以上の人へのインタビューを元にベースとなる物語を創り、それをスコットランドと日本の50歳以上の一般の人たちが舞台で演じます。今回は初めての日本での共同制作で、2020年4月6日〜11日の間の5日間で創作し、4月12日に宮城野区文化センター・パトナシアターで公演します。

主催:演劇企画集団LondonPANDA・Tricky Hat

共催:公益財団法人仙台ひと・まち交流財団 宮城野区文化センター

助成:British Council Scotland、大和日英基金、公益財団法人仙台市市民文化事業団
協力:PLAY ART!せんだい、NPO法人アートワークショップすんぷちょ、NPO法人お茶っこケア、せんだい演劇工房10-BOX

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。